安全な場所などない|盗聴器発見は素人だと難しい!専門家に任せて見つけてもらう

盗聴器発見は素人だと難しい!専門家に任せて見つけてもらう

作業者

安全な場所などない

調査員

家の中でも気をつける

盗聴と聞いても、自分には関係のないことと思い、そっぽを向いてしまう人がほとんどです。しかし、今は関係なくても今後盗聴の被害に悩まされる可能性はあります。または、もうすでに盗聴被害に遭っているのに気付いていないという場合もあります。盗聴器は日に日に進歩していて、ネットなどでも簡単に購入することができ、費用もさほどかからないことから、悪用する人が増えています。それゆえ、誰でも盗聴の被害に遭いやすいのです。軽量小型化が進む盗聴器は、コンセントやテレビの裏、ぬいぐるみの中などに設置され、家の中での会話を簡単に盗み聞きできてしまいます。家の中にいても、盗聴器などの怪しいものがないか、日ごろから気をつける必要があります。

調査会社にも注意

自分の個人情報や、知られるはずのない会話の内容などが周囲にばれているなどの異変を感じたら、盗聴器が仕掛けられていることを疑うべきです。盗聴器がテレビの裏やぬいぐるみの中に仕掛けられている場合には、自分で見つけて取り除くことができますが、素人には見抜けない所に仕掛けられている場合もあります。その際は、盗聴調査の専門業者に依頼するしかありません。しかし、ここでも注意が必要です。盗聴調査の専門業者を装い、詐欺行為を働く人もいるからです。偽の盗聴調査の機械を使い、偽である盗聴器をこっそり出し、本物を発見したかのように見せてきます。盗聴調査の専門業者に依頼をするときは、実績や資格の有無を確認することが大切です。